Illustrator(イラストレーター)でキーボードショートカットのカスタマイズ

Illustrator(イラストレーター)でキーボードショートカットのカスタマイズをする方法です。 ①「編集」メニューから「キーボードショートカット」をクリックします。 ②「ツール」と「メニューコマンド」に分かれていますが、「ツール」の方で説明します。 例えば、選択ツールの場所のツールという項目の部分をクリックしてキーボードの「A」をクリックします。すると既にダイレクト選択ツールで使用されているというメッセージが出ますので別のキーを探します。(上書きもできますがここではしません) ③キーボードの「1」をクリックすると今度はメッセージがでなくなったのでこれで「OK」をクリックします。すると「キーセットファイルの保存」のウィンドウが出るので名前を付けて保存します。 ④元に戻したい場合は「出荷時のキーセット」を選択します。保存したものも削除ボタンで削除できます。 ※最近、テンキーの「+」ではなく、ノートパソコンで「L」の隣にある「+」ではズームインできないという指摘を受けました。確かにそのようです。(ズームインのショートカットは「Ctrl++」です) であるのでノートパソコンでテンキーがないといった場合には他のキーを割り当てます。 (ズームインはバージョン10では「メニューコマンド」の中の「画面」にあります、左端の三角ボタンをクリックしてみてください) 例えば数字の「6」キーは空いていたので「Ctrl+6」をズームインに割り当…

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でツールの切り離し

Illustrator(イラストレーター)でよく使うツールはツールボックスから切り離して使うことができます。切り離すことができるのは右下に三角マークが付いているものです。マークが付いているものはツールが2つ以上あるものです。 ツールボックスのツールをクリックしたまま右端までドラッグして右端の三角マークの上で手を離します。 するとツールボックスから切り離された状態となります。 いらなくなったら右上の「×」ボタンをクリックすればOKです。「×」ボタンを押してもツールボックスから無くなるわけではないのでもう1度表示させたい場合は同じことをすればOKです。 IllustratorグラフィックデザインCS対応版プロが教える実用テクニック

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)のパレットの連結

Illustrator(イラストレーター)でパレットを連結する方法です。 外れてしまった時や連結して画面をコンパクトにしたいという時に便利でしょう。 方法は簡単です。 タブの部分をドラッグしてつなげたいパレットにドラッグするだけです。 よくパレットの一番上の青い部分を持ってドラッグして連結できないという勘違いがあります。 必ず赤枠のタブ部分をドラッグしましょう。 下の図のようにも極端ですが連結可能です。 逆に外すときもタブ部分をドラッグして引き離すだけです。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)の初期設定

Illustrator(イラストレーター)の初期設定を何とかしたいと思った時。 その時は「Program Files」から「Adobe」の「Illustrator」の中に「プラグイン」というフォルダがあります。 そのフォルダを開くと 「Adobe Illustrator Startup_RGB.ai」と 「Adobe Illustrator Startup_CMYK.ai」というファイルがあるのでそれらをカスタマイズすれば初期設定も変更されます。 ※RGBはRGBカラー用、CMYKはCMYKカラー用のファイルです。 ただし最初の設定に戻したい場合も出てくるでしょうからコピーをどこかに置いておくといいでしょう。 これで新規作成の度に例えばグリッドの表示だとかルーラーの表示だとかいちいちやらずに済みます。 スウォッチ、スタイル、ブラシなどもよく使うものを登録し、使わないものは削除しておくと便利です。

続きを読む