Illustratorクリエイター能力認定試験(エキスパート)

2月にIllustratorクリエイター能力認定試験(エキスパート)を受験し合格しました。 Adobeのソフトの試験は初めてでした。 結果内容 試験の感想は時間配分が甘かったです。 第1部の知識問題で時間をとられすぎました。第1部は知識と実技合わせて50分。 知識問題で25分使ってしまい、実技の問題5問を25分でやることに。 結果的に実技1問あまりできてなかった気がします。 第2部の実践問題は第1部の反省を踏まえ、最初からとばしてかかりました。 結果的に見直しを含め15分前に終了。 こちらはもっとじっくりやれば良かったです。 おまけでシールが付いていました。名刺などに貼るみたいです。 試験については以下を参考にしてください。サーティファイの試験です。 http://www.sikaku.gr.jp/ns/il/ 試験勉強は「Illustrator®クリエイター能力認定試験問題集」で勉強しました。 この問題集を2回やりました。 ただ時間を計ってやらなかったので、これから受験される方は1度計られた方が私のような時間配分ミスは防げるでしょう。 illustrator クリエイター能力認定試験問題集 (CS/CS2/CS3/CS4/CS5対応)サーティファイ Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)aiファイルのダウンロード販売を開始しました。

お問い合わせで、ブログで使われているIllustratorのaiファイルを売ってもらえないだろうか?という方は意外と多くおられました。 ただ元となる写真が自分のものでないものが多く、お断りしておりました。 それでもほしいという方は、料金をいただいて最初から作成してお渡ししたケースもありました。 (その場合の料金は5,000円から日数のかかるものは10万円以上のものまで) というわけで需要があるのではないかと考え、多くの方に使っていただけるようにダウンロード販売を開始いたしました。よろしくお願い致します。 こちらのリアルイラストはグラデーションメッシュによる素材です。 オリジナル写真からのトレース、トレースをしていない素材、または参考程度に型取りした程度なのでこのイラスト自体が著作権法違反にあたることはありません。 Illustrator(イラストレーター)aiファイルのダウンロード販売 まだ50点ほどしかありませんが、頑張って増やしていきたいと思います。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(5)-細かい機能追加

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(5)-細かい機能追加 その他の細かい機能が追加されていました。 ■ぼかし(ガウス)にプレビューが追加 ■オブジェクト属性のクイック編集 クイック編集ができるようになったとヘルプありました。 例 コントロールの線の太さ CS5ではクリックして選択してからでないとホイールで増減できませんでしたが、CS6ではポインターを置いた状態でホイールで増減できました。 例2 変形パネル 座標、幅、高さ、回転、シアーの数値すべてポインターを重ねた状態でホイール増減できました。 Adobe Illustrator CS6 Windows版 アップグレード版アドビシステムズ 2012-05-11 Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(4)-画像トレース

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(4)-画像トレース 新機能というよりライブトレースよりきれいな結果を得られるということですが、試してみました。 最初トレースしてみてよく分からなかったのですが、CS5と並べてみると分かりました。 写真によっても違いが分からなかったりしたのですが、この写真は分かりやすいと思います。 写真(高精度)です。 次がカラー16色で比較。より差が出ました。 別の写真で比較 写真(低精度) 犬の目の部分や首輪の部分が分かりやすいですね。 あと以前と比べて変わっていることろは画像トレースのオプション画面で目のアイコンの部分をクリックすると元の画像を表示できました。 Adobe Illustrator CS6 Windows版 アップグレード版アドビシステムズ 2012-05-11 Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(3)-パターン作成

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(3)-パターン作成 パターンの作成が簡素化されています。 「オブジェクト」メニューから「パターン」→「作成」でパターンを作成できます。 境界線が表示されそこからはみ出した個所は対象位置に表示されました。濃度は「パターンオプション」の「コピーの表示濃度」で変更できます。 完成したら左上の矢印の「パターン編集モードを解除」ボタンをクリックします。 後はパターンをオブジェクトにあてます。 編集も「オブジェクト」メニューから「パターン」→「パターンを編集」で編集できます。 編集モード パターンオプションで「タイルの種類」も四角だけでなく「レンガ」や「六角形」も選択できます。 配置パターンが変わって面白い機能です。 サンプル オリジナル迷彩帽子 Adobe Illustrator CS6 Windows版 アップグレード版アドビシステムズ 2012-05-11 Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(2)-線のグラデーション

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(2)-線のグラデーション 線にグラデーションを適用できました。これはいい機能ですね。今回のバージョンアップの目玉でしょうか。 3 種類のグラデーションがあります。 「ストローク内」「ストロークに沿って」「ストロークに交差して」がありますが、この「ストロークに交差して」は使いそうです。 こんな曲がり角のあるグラデーション、いままで苦労して作成していましたが簡単にできました。 右端が「ストロークに交差して」です。 サンプル2 サンプル3 曲がった釘も線幅ツールと合わせて短時間でできました。 サンプル4 虹も。 サンプル5 クリップ Adobe Illustrator CS6 Windows版 アップグレード版アドビシステムズ 2012-05-11 Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(1)

Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(1) 発売日にCS6が届きました。Amazonで88,830円でした。 Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premium アップグレードA(CS5からのアップグレード) パッケージ版です。ダウンロード版やAdobe Creative Cloudもできましたが、とりあえず今回はパッケージ版にしました。 CS5Web Premiumからのアップグレードで間違いないのか不安でしたが、ちゃんとインストール、起動できました。 起動するとまず目についたのがユーザーインターフェイスのカラーです。ヘルプによりますと「Illustrator では、初期設定で、Adobe Photoshop などの他のアドビ製品での最新の変更に従ってダーク系テーマが利用できるようになりました」とのことです。 「編集」メニューから「環境設定」→「ユーザーインターフェイス」で明るさを変更することができます。 スライダをドラッグしてもいいし、数値を入れることもできます。 ドロップダウンリストで4種類から選ぶこともできます。 「明」を選択するとCS5と同じ明るさですね。 Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(2)-線のグラデーション Illustrator(イラストレーター)CS6新機能(3)-パターン作成 Illustrator(イラス…

続きを読む

IllustratorCS6(イラストレーターCS6)5月11日発売

Adobe Creative Suite 6が5月11日発売と発表されましたね。 http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite.html IllustratorCS6 http://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html 新機能も豊富です。購入したら早速試してみたいと思います。 http://www.adobe.com/jp/products/illustrator/features._sl_id-contentfilter_sl_featuredisplaytypes_sl_new.html 私はAdobe Creative Suite 6 Design & Web Premium アップグレード版購入予定。 Web PremiumCS5からのアップグレードですが、今度はDesign Premiumも一緒になりInDesignも入っていますね。 どんどん高くなっている気がします、きつい。 ゴールデンウィークは出費を抑えます。 Adobe Illustrator CS6 Windows版 アップグレード版アドビシステムズ 2012-05-11 Amazonアソシエイト by

続きを読む

Adobe製品の次期バージョンからのアップグレードポリシー変更

2011年11月10日にAdobe製品の次期バージョンからのアップグレードポリシー変更が発表されていました。 http://www.adobe.com/jp/support/upgrade_policy/ 次のような文がありました。 今回の改定により、次期バージョンのAdobe Creative Suite、および各CS関連製品のアップグレード対象は、それぞれ過去主要1バージョンまでとなり、それ以前のバージョンをお持ちのお客様は、アップグレード対象外となります。2バージョン以前の製品をお持ちのお客様が、最新版をお求めの際は、通常の製品版をご購入いただくか、Adobe Creative Cloudを選択いただくことになります。 1つ前のバージョンしかアップグレードできなくなるんですね。 または月額5,000円でCloudを利用するか。 厳しい。 サンプルが載っていました。 次期バージョンは5.5と5がアップグレード対象ですね。 以下はアップグレード対象外になってしまいます。 詳しくはAdobeのアップグレードポリシーのページを参照してください。 http://www.adobe.com/jp/support/upgrade_policy/ ※追記(2012年1月30日) 2012年1月12日 アップブレードポリシーの変更の変更がありました。 更新内容は以下のとおり CS3 ならびにCS4 ユーザー様用CS6…

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)を64ビットパソコンにインストール

Illustrator(イラストレーター)を64ビットパソコンにインストールしました。 私もついに64ビットパソコンを買いました。ローンで。 以前のパソコンは2GBで動きがもさくなってきていたので思い切って買いました。 さて、以前のバージョンのIllustratorを全部入れてみました。 結果は以下の通り。 Illustrator10はうまく動作しませんでした。立ち上がらなかったり、立ち上がってもメモリ不足というメッセージが出てそれ以上先には進まずだったり。 CS3からCS5は問題なく動作しました。(CSとCS2)は持っていません。 ただし64bitでもIllustrator10が正常に動作する場合もあるようです。 Vectorのサイトに「Windows7アプリケーション動作報告リスト」というページにいろいろな方の報告が載っています。ここを見ると半々くらいでしょうか。 http://w7.vector.jp/ 詳細なども載っています。 また今回メモリも思い切って大幅に上げてみたので動作も快適です。 アドビの製品いくつも立ち上げていてもサクサク動くのはうれしいです。 以前は複数立ち上げていても動くことは動きましたがやはり重い感じでした。とくにIllustratorが。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でイチゴショートケーキ

Illustratorでイチゴショートケーキを作成しました。 制作時間3時間。 スポンジ部分 同じ部分のオブジェクトをコピーして、効果の「メゾティント」を使用して上から描画モード「ソフトライト」で重ねています。 中段のイチゴは周りをぼかして埋まっている感じに。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(130)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(130) 今日は糸で縫った感じの文字です。 グラフィックスタイルライブラリの「デニム」をアレンジしています。 アピアランスパネルを見てみると糸を表現している点線はパスのオフセットの値をマイナスにしていることが分かりました。 糸を1本にして、点線の間隔を短く、色も変えています。 一部だけ剥がれた感じに。 サンプル2 Photoshopに書き出してベベル追加

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(259)

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(259) 今日は豆腐のイラストです。 制作時間2時間。 アウトライン パックのデコボコした部分はグラデーションとぼかしです。 トレースしたのですが、元の写真の影響か暗い感じになったのでPhotoshopでレベル補正などをして調整。 Illustrator(イラストレーター)aiファイル リアルイラストダウンロード販売中

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でグレースケールでフォーカス

Illustrator(イラストレーター)で背景をグレースケールで目立たせたい物をカラーのままにします。 以前周りのものをぼかして目立たせる記事を書きましたが、今回はカラーです。 文章でマーカーを付けるのと同じですね。 このサンプルは写真です。 1つをコピーして「オブジェクト」メニューから「ラスタライズ」でラスタライズします。 「編集」メニューから「カラーを編集」→「グレースケールに変換」で白黒にします。 もうひとつカラーのままの方は目立たせたい部分をクリッピングマスクで切り抜きます。 これを白黒の写真の方にのせて完成です。 サンプル2 サンプル3 これはイラストです。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で3D回転体サンプル

Illustrator(イラストレーター)で3D回転体サンプルをまた作りました。 サンプル1 味噌汁おわん 元となるオブジェクト このオブジェクトを「効果」→「3D」→「回転体」で完成です。 柄はマッピングではなく、少しワープをかけたオブジェクトを透明度を下げて配置 サンプル2 タイヤ 元となるオブジェクト サンプル3 プリン 皿を含めて色違いの単純図形3つの回転体です。

続きを読む

Illustraotr(イラストレーター)で惑星の大気

Illustraotr(イラストレーター)の3D回転体で惑星を作成しての大気をマッピングで配置してみました。 マスクよりもいい感じになりました。 半円を作成します。 3D回転体で球体にします。 マッピングでPhotoshopで作成した雲をシンボルに登録し、マッピングで球体に配置します。 背景を追加して完成 サンプル2 Photoshopで逆光を追加

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で切手枠

Illustrator(イラストレーター)で切手枠のような形にするにはどうすればいいかという質問を受けたことがありました。 初めはパスの変形の「ジグザグ」で作ってみました。 結果は以下のような感じが精一杯。実物と比べると全然違う感じでした。 では実際の切手を見てみると、切り目は小さい円形だったので同じように円のオブジェクトを配置。 パスファインダで「前面オブジェクトで切り抜き」で切り抜いてみました。 これですね。 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で配色

昔のDTPWorldに配色アイディアブックという付録がついていました。ちょっと参考にサンプルを作ってみました。 (Web上なので正確な色は異なります) 配色についてよく学んだことがないのでアレンジはせず本当に付録の通りです。 高級感のあるサンプル CMYK 5 25 70 0 / 35 60 75 45% ポップな配色 CMYK 75 5 100 0 / 95 30 0 0 / 10 85 75 0 知的な配色1 CMYK 10 20 40 0 / 10 10 20 0 知的な配色2 CMYK 10 10 5 0 / 45 30 10 0 強いトーンの配色 CMYK0 100 100 0 / 95 50 95 25 基本はかんたん配色のルール―好かれる配色は9つのルールでつくられる (DESIGN BEGINNER SERIES)視覚デザイン研究所 内田 広由紀 Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(129)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(129) 今日はパズル文字作ってみました。 「ブラシライブラリ」の「ボーダー」→「ボーダー_デコレーション」の「パズル」を利用しています。 「パズル」のブラシをそのままアートボードにドラッグしてオブジェクトとして使います。 3D効果を使って立体的に。 これを組み合わせて文字にします。ライブカラーで色も変更。 背景追加 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(128)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(128) 今日は文字の中にハートマークのパターンを入れてみました。 グラフィックスタイルの「光彩スタイル」の中に矢印パターンが薄ら見えてみるものがあったので応用しています。 最初に塗りが白のハートを作成してスウィッチに登録しておきます。透明の枠を付けるとハート同士の間隔を調整できます。 文字を打ち込みます。 アピアランスパネルの右上ボタンから「新規塗りを追加」をクリックします。 その新規の塗りに登録したハートマークのパターンを適用し、不透明度を25%にしました。 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で柵や橋を描くとき

Illustrator(イラストレーター)で柵や橋を描くときに少し簡単な方法です。 このような柵を普通に描く場合かなり面倒ですが、3D効果を使うと簡単です。 次のような太めの線で枠と斜めの線を組み合わせて柵を正面から作成します。 これをグループ化して3D効果を適用します。 オプションで角度と奥行きを調整するくらいです。 サンプル2 橋 昔、このような橋を描く仕事があって影の部分や陽のあたる部分を色を調整しながら苦労して描いていたことあります。 ワープをかけています。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(127)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(127) 今日は昔の電光掲示板風文字です。 以前作った手法とは別の方法です。 背景のドット画面 薄い赤の塗りに「アピアランス」パネルから「新規塗りを追加」してパターンを適用しています。 パターンは「スウォッチライブラリ」の「パターン」→「ベーシック」→「ベーシック_点」の「10dti_70%」です。 このパターンを縮小し、ぼかし(ガウス)でぼかしています。 その上に文字を重ねていきます。文字は描画モード「オーバレイ」で光彩(外側)で発光させた文字を3つ重ねて光らせています。 完成 サンプル2 昔の後楽園球場の電光掲示板風

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(258)

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(258) 今日はかき氷アイスのイラストです。フォントは適当です。 このアイスはこの夏も3個食べました。 制作時間2時間半。 アウトライン 薄ら見えているレモンはぼかし(ガウス)です。 白い点状のブラシを使用して冷えた感じを表現 Illustrator(イラストレーター)aiファイル リアルイラストダウンロード販売中

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(126)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(126) 今日はシンボルの「花」を飾りに付けた文字です。 花を飾りに使いたいけど、カラフルすぎるので一工夫しました。 「ウィンドウ」メニューから「シンボルライブラリ」→「花」をクリックし、ライブラリを開きます。 「ライブラリ」から「ハイビスカス」をアートボード上へドラッグし、右クリックで「シンボルへのリンクを解除」でリンクを解除しておきます。 「オブジェクトを再配色」をクリックして、ウィンドウを開きます。 「プリセット」から「1カラージョブ」をクリックします。 後は「編集」のホイールで色を決めます。 文字の色も合わせて完成です。 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(125)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(125) この前Tシャツで文字の半分で背景とグラデーションを反転させたものを見ました。 イラストレーターで作ってみました。 グラデーションパネルで反転させたい部分のポイントを重ねるくらい近づけました。 こうすればわざわざ分割しなくても済みます。 サンプル2 サンプル3 効果の「パレットナイフ」追加

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(257)

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(257) 夏ということで今年も水着のイラストを描きました。 制作時間3時間。 アウトライン フォトショップで彩度調整、背景を追加 Illustrator(イラストレーター)aiファイル リアルイラストダウンロード販売中

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で円形立体矢印

Illustrator(イラストレーター)でカーブがかかった奥行きのある矢印です。 こんな形の矢印作成方法です。 ①線だけの円を作成し、適当な部分でカットします。 ②「効果」メニューの「押し出し・ベベル」で「回転角度」、「奥行き」の値を調整します。 ③先端に三角形のオブジェクトを付けて完成です。 サンプル2 サンプル3

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(256)

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(256) 今日は厚焼き玉子のイラストです。 制作時間2時間。 アウトライン 表面はコピーして「メゾティント」「水彩画」「浅浮き彫り」などの効果をミックスして、オーバーレイで重ねています。 焦げ目は効果の「はね」です。その後ぼかし(ガウス)です。 Illustrator(イラストレーター)aiファイル リアルイラストダウンロード販売中

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で一部だけ回転させたいとき

Illustrator(イラストレーター)で一部だけ回転させたい場合、どのようにすれば効率がいいか考えてみました。 次のような角度を変更したい例です。 ■回転ツール まず考えたのが「回転ツール」で回転させる方法です。スマートガイドをオンにします。 アンカーを中心点に移動し、ツールで回転させると角度が表示されるので根気よく回転させたい角度だけ微調整しますが、切りのいい角度で合わせるのはかなり時間がかかります。 だいたいでよければ、いい方法だと思います。 ■オブジェクト分解で回転 次はオブジェクトを分解してしまう方法です。 ハサミツールなどで二つに分解します。 変形パネルで基準点を下に置いて、角度を入力します。 回転しました。 「Ctrl+J」で連結します。 ■変形パネルのシアー 変形パネルのシアーでもできます。この場合は分解しなくても回転できます。 ただしシアーなので180度以上はできません。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で段組設定(CS3~)

Illustrator(イラストレーター)の段組設定の方法ですが、Ver10からCS3にアップグレードした時に少し違っていました。CS4、CS5も同じです。 以前は「文字」メニューから「段組設定」でしたが、CS3では「オブジェクト」メニューから「パス」→「段組設定」です。 長方形を作成し、段組設定で「列」と「間隔」を設定します。(ここは以前と同じです) 2つとも枠を選択して「書式」メニューから「スレッドテキストオプション」→「作成」をクリックすればテキストはリンクされます。 テキストを流し込みます。 ※3段組みサンプル

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(255)

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(255) 今日は焼き鮭のイラストです。 制作時間1時間30分。 昔、鮭の切り身のイラストを描きましたが4年経って比べてみるとだいぶ上達したと思います。 http://kohtguchi.at.webry.info/200603/article_29.html アウトライン Illustratorでここまで描きます。 Photoshopに書き出して、パターンオーバレイ、色調補正、トーンカーブ、彩度調整、ブラシなどで調整します。 皿を追加して完成 Illustrator(イラストレーター)aiファイル リアルイラストダウンロード販売中

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で補色

Illustrator(イラストレーター)で補色を作成する方法です。 補色は色相環で正反対の色の組み合わせで、互いの色を引き立てあう色のことです。 作成例(文字) ①色の異なる2つの文字を作成します。(何色でもOKです) ②2つの文字を選択して、「オブジェクトを再配色」ボタンをクリックします。 ③プリセットから「補色」をクリックするだけです。 ④後はホイールをドラッグするだけで補色の関係を維持しながら好きな色を選択できます。 ※補色じゃなくても補色に近い感じを出したい場合はリンクを解除すれば1つ1つの色を調整することができます。 ※サンプル セブンイレブンのロゴがよくサンプルとして挙げられます。 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(254)

Illustrator(イラストレーター)でリアルなイラスト(254) 今日はいくらの軍艦巻きのイラストです。 制作時間2時間。 アウトライン のりの部分は効果の「粒状」を使用。 彩度調整でアレンジ(Photoshop) Illustrator(イラストレーター)aiファイル リアルイラストダウンロード販売中

続きを読む

Adobe BridgeCS5の新機能(2)

Adobe BridgeCS5の新機能で「写真の JPEG への書き出し」という項目があったので試してみました。 書き出しパネルから操作できるという説明だったので試そうとしたところ、何も表示されていませんでした。 ヘルプにもその辺りのことが記述されていないので困りましたがアップデートしてみることにしました。 アップデート完了後、Bridgeを再起動します。 すると「ハードディスクに保存」という項目が表示されていました。 ダブルクリックでプリセットを編集します。 まず保存先を決定します。 次に画像オプションを変更したい箇所を変更し、名前を付けて保存します。 新たなプリセットが作成されました。そこへJPGに書き出したいファイルをドラッグします。 すると矢印ボタンが表示されるのでボタンをクリックします。 無事にJPGファイルが指定したフォルダに作成されました。

続きを読む