Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(91)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(91) 今日はCS4のシンボルライブラリに追加された「ドットパターンベクトルパック」を使ってみました。 CS4の「ウィンドウ」メニューから「シンボルライブラリ」→「ドットパターンベクトルパック」です。 これを利用して背景に使ったり、クリッピングマスクで切り抜きました。 サンプル2 サンプル3 サンプル4 サンプル5

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(8)-その他

Illustrator(イラストレーター)CS4のその他の新機能です。 ■アピアランスパネルの表示・非表示 アピアランスパネルの左横に表示・非表示を切り替えることができるアイコンができてました。 今までのようにいちいちゴミ箱に捨てたりしなくてもよくなりました。 効果の組み合わせを考える時に楽になったと思います。 ■幅・高さの表示 オブジェクト作成時、スマートガイドを表示していると右下に幅と高さが表示されるようになりました。 直線ツールは角度が表示されます。目安にはなると思います。 ■ドキュメント設定・環境設定 コントロールパネルからドキュメント設定・環境設定できるようになりました。 ■ワークスペース・検索 これもコントロールパネルに設置されました。一手間省けますね。 検索はAdobeの検索結果のページにジャンプします。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4のグラデーションサンプル

Illustrator(イラストレーター)CS4の新しいグラデーションでサンプルを作りました。 やはり最初にやってみたかったのはライト系です。 徐々に透明度が0%になっていくというものです。今までのように不透明マスクを使ったり、描画モードを変更しなくてもよくなりました。 サンプル1 車のライト ※グラデーションのポイントの片方をクリックして透明度を0%にします。 サンプル2 照明 サンプル3 UFOにさらわれる光線 Illustrator CS4 (V14.0) 日本語版 アップグレード版 Windows版アドビシステムズ 2008-12-19 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(7)-グラフィックパネル

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能として紹介できるものも少なくなってきましたが、まだグラフィックスタイルがありました。 対象のオブジェクトを選択してスタイルをクリックします。 ■拡大プレビュー さて新しくなった箇所ですがサムネールの上で右クリックすると選択したオブジェクトの拡大プレビューを見ることができます。 ■プレビューにテキストを使用 パネルの右上のボタンをクリックすると「プレビューにテキストを使用」を選択することができます。 テキストに適用する場合、だいたいのイメージがつかめます。 ■Alt+クリックで既存のスタイルに追加 Alt+クリックですでにスタイルが適用されているオブジェクトにさらにグラフィックスタイルを重ねることができるようになりました。 サンプル:「光彩(ブルー)」に「ペイントブラシ」を追加 ■グラフィックスタイルライブラリの「追加」と「追加の塗りブラシ」 グラフィックスタイルライブラリに「追加」と「追加の塗りブラシ」という項目が加わっていましたが、これもAlt+クリックで既存のスタイルに追加するもののようです。 サンプル:「光彩(ブルー)」に「エアブラシ1」を追加

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(6)-アピアランスパネル

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(6)-アピアランスパネルが少し使いやすくなっていました。 ■ボタンアイコンの追加 新たに「新規線を追加」「新規塗りを追加」「新規効果を追加」ボタンができました。 ■アピアランスパネルからポップアップのパネルが表示 たとえばアピアランスパネル内の線を一度クリックすると、色の右横部分に▼ボタンが表示されクリックするとスウォッチが表示されます。 「Shift」を押しながらクリックするとカラーパネルが表示されます。 線幅もここから変更可能です。 「線:」をクリックすると線パネルが表示されます。 あとポップアップのパネルとして表示できたのは「不透明度」のパネルも表示できました。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(5)-アートボード

Illustrator(イラストレーター)CS4ではアートボードが新しくなりました。 まず新規にファイルを作成するときもアートボードの数を決めることができます。(最大100個まで) サンプルとしてA4横サイズで5個、間隔を20ピクセル、列数を2にして作成します。 このような感じのアートボードができました。 ■アートボードツール CS3のトリムエリアツールは無くなり、アートボードツールに受け継がれたという感じです。 アートボードツールではアートボードの大きさや位置も変更できます。 新規に作成もできます。 アートボードの中にさらにアートボードを作成したい場合は、Shiftキーを押しながらドラッグします。アクティブな状態にしておくとそのアートボードがWeb用に保存の範囲になります。 ※これなら1つのファイルでボタンの管理なども簡単にできますね。アートボードをクリックしてアクティブにするだけで書き出しも楽です。 ■複数ページのPDF 複数ページのPDFの作成もアートボードで簡単に作成できます。 このサンプルはテンプレートにあったものですが3つのアートボードに分かれています。 これをPDFで保存すると3ページのPDFで書き出すことができました。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(4)-塗りブラシツール

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(4)-塗りブラシツールはブラシを使用した部分が既存のオブジェクトに結合されます。 塗りブラシツールを使用してみると今までのブラシのように線ではなく、塗りになります。 重ねてみると重なった部分は結合されます。 手書きで字を描いてみました。 ※塗りブラシツールをダブルクリックするとオプションで「精度」「滑らかさ」「サイズ」「角度」「新円率」などが調整できます。 ※異なる色で塗りブラシツールを重ねると結合はされません。 ※オプションの「選択範囲のみ結合」にチェックを入れると他の部分に重なっても選択範囲にしか結合されなくなります。 ①結合させたい塗りのオブジェクトを選択します。 ②オプションで「選択範囲のみ結合」にチェックを入れます。 ③他の部分にも重なっていますが、選択範囲以外は結合されません。 ※ブラシ同士以外にも同じ色の塗りであれば結合できました。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(3)-グラデーション

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(3)-グラデーションについてはポイントごとに透明度が変更できると紹介しましたがその他の機能も強化されていたので見てみます。 ■グラデーションメニュー これが新しいグラデーションパネルです。 グラデーションメニューはドロップダウンリストから選択できます。 グラデーションメニューから「線状グラデーション」「放射状グラデーション」「白にフェード」「シャープブラックビネット」それからそのファイルで一度適用したスウォッチも登録されます。 ※「白にフェード」を適用した例 ■反転グラデーション このボタン一つでグラデーションを反転することができます。 ■縦横比 円形グラデーションの縦横比の調整できるようになりました。 前バージョンまではこのような楕円のオブジェクトに円形グラデーションを適用すると正円のグラデーションになってしまうので正円のオブジェクトにグラデーションを適用してから楕円に変形するしかありませんでした。 しかしCS4から調整できるようになりました。 ■グラデーションツール グラデーションツールも大幅に変更されています。 ツールを使用するとグラデーションバーが表示されます。 グラデーションバーの下の方を「+」マークの状態でクリックするとポイントを増やすことができます。 またポイントをダブルクリックすると色を変更できました。 …

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(2)-ドキュメントレイアウト

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能その2ですが「ドキュメントレイアウトパネル」というものがあるとヘルプで紹介されていました。しかし「ウィンドウ」メニューを見てもそのようなパネルは見当たりませんでした。 どこにあったかというと「Bridge」ボタンの右にありました。 現在、4つのウィンドウを開いています。 ドロップダウンリストから「すべてを格子状に並べる」をクリックしてみます。 結果です。 左右や上下にも並べることができます。 それ以外にもいろいろなバリエーションがあります。 ※元に戻す場合は「すべてを統合」をクリックします。 今日は大晦日ですね。読者のみなさん、今年も1年ありがとうございました。 来年は4年目に入ります。更新し続けられるように頑張ります。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4のシンボルライブラリ

新機能の前にIllustrator(イラストレーター)CS4のシンボルライブラリの内容が新しくなっていたのいくつか紹介しておきます。結構新しくなっていたので全部は紹介しきれませんがこれは!と思ったものです。 「ウィンドウ」メニューから「シンボルライブラリ」です。 ■Webアイコン 種類も多くなってその中に「お気に入り」というシンボルがハートマークでした。形のきれいなハートマークです。グループ解除して複合パスも解除すれば、ハートのオブジェクトとして取り出せます。 ■Webボタンとバー きれいなものが多く入ってます。内容が一新されています。 ■リーガルベクトルパック これは新しいカテゴリですね。飾りに使えそうです。 ■光彩フローチャート フローチャートが輝いています。これも新しいです。 ■光彩組織図 すでに組織図が出来上がっているものもあります。 ■光彩リボン、家宝なども新しいです。 CS4なかなかいいです。 また次回もCS4の記事にしたいと思います。 ほめてばかりですが、ただ少しCS3と比べて重くなった気がします。それがこの先ちょっと不安です。 Illustrator CS4 (V14.0) 日本語版 アップグレード版 Windows版アドビシステムズ 2008-12-19 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4の新機能(1)-タブ付きドキュメントウィンドウ

今日からIllustrator(イラストレーター)CS4の新機能を見ていきます。まずはタブ付きドキュメントウィンドウという新機能です。 なお、新機能はスタートアップウインドウの「新機能」という項目から学ぶことができます。 タブ付きウィンドウとは名前の通り、複数のウィンドウが開いているときに、タブクリックで切り替えることができるものです。 多くのファイルを開いている場合は幅が小さくなったり、見えなくなりますね。 その場合は右側に三角矢印ボタンが表示されてそれをクリックするとそこから選択できるようになっています。 ※多くのウィンドウを一度に閉じる場合、Illustratorを終了する以外にタブの部分を右クリックして「すべてを閉じる」で一度に閉じることができました。これは使えますね。 ※左右の位置はタブをドラッグ&ドロップすることで入れ替えることができます。 次回も引き続き新機能の予定です。 Illustrator CS4 (V14.0) 日本語版 アップグレード版 Windows版アドビシステムズ 2008-12-19 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS4をインストール

IllustratorCS4が届きました。早速、インストールしました。 IllustratorCS4 アップグレード版、CS3からのアップグレードです。 バージョンは14になりました。 インストール後、立ち上げてみました。 一見、CS3とあまり変わらない感じです。 それで気になっていた機能をちょっと試してみました。 グラデーションの透明度をポイントごとに調整できるようになっていました。 たとえば白と黒のグラデーションの黒の部分は100% 白の部分は薄めるというようなことです。 これからCS4を学習してまた記事にしていきたいと思います。 ※CS4をインストールしてもCS3は削除されず残っていました。 Illustrator CS4 (V14.0) 日本語版 アップグレード版 Windows版アドビシステムズ 2008-12-19 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

続きを読む