Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(130)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(130) 今日は糸で縫った感じの文字です。 グラフィックスタイルライブラリの「デニム」をアレンジしています。 アピアランスパネルを見てみると糸を表現している点線はパスのオフセットの値をマイナスにしていることが分かりました。 糸を1本にして、点線の間隔を短く、色も変えています。 一部だけ剥がれた感じに。 サンプル2 Photoshopに書き出してベベル追加

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(129)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(129) 今日はパズル文字作ってみました。 「ブラシライブラリ」の「ボーダー」→「ボーダー_デコレーション」の「パズル」を利用しています。 「パズル」のブラシをそのままアートボードにドラッグしてオブジェクトとして使います。 3D効果を使って立体的に。 これを組み合わせて文字にします。ライブカラーで色も変更。 背景追加 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(128)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(128) 今日は文字の中にハートマークのパターンを入れてみました。 グラフィックスタイルの「光彩スタイル」の中に矢印パターンが薄ら見えてみるものがあったので応用しています。 最初に塗りが白のハートを作成してスウィッチに登録しておきます。透明の枠を付けるとハート同士の間隔を調整できます。 文字を打ち込みます。 アピアランスパネルの右上ボタンから「新規塗りを追加」をクリックします。 その新規の塗りに登録したハートマークのパターンを適用し、不透明度を25%にしました。 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(127)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(127) 今日は昔の電光掲示板風文字です。 以前作った手法とは別の方法です。 背景のドット画面 薄い赤の塗りに「アピアランス」パネルから「新規塗りを追加」してパターンを適用しています。 パターンは「スウォッチライブラリ」の「パターン」→「ベーシック」→「ベーシック_点」の「10dti_70%」です。 このパターンを縮小し、ぼかし(ガウス)でぼかしています。 その上に文字を重ねていきます。文字は描画モード「オーバレイ」で光彩(外側)で発光させた文字を3つ重ねて光らせています。 完成 サンプル2 昔の後楽園球場の電光掲示板風

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(126)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(126) 今日はシンボルの「花」を飾りに付けた文字です。 花を飾りに使いたいけど、カラフルすぎるので一工夫しました。 「ウィンドウ」メニューから「シンボルライブラリ」→「花」をクリックし、ライブラリを開きます。 「ライブラリ」から「ハイビスカス」をアートボード上へドラッグし、右クリックで「シンボルへのリンクを解除」でリンクを解除しておきます。 「オブジェクトを再配色」をクリックして、ウィンドウを開きます。 「プリセット」から「1カラージョブ」をクリックします。 後は「編集」のホイールで色を決めます。 文字の色も合わせて完成です。 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(125)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(125) この前Tシャツで文字の半分で背景とグラデーションを反転させたものを見ました。 イラストレーターで作ってみました。 グラデーションパネルで反転させたい部分のポイントを重ねるくらい近づけました。 こうすればわざわざ分割しなくても済みます。 サンプル2 サンプル3 効果の「パレットナイフ」追加

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で補色

Illustrator(イラストレーター)で補色を作成する方法です。 補色は色相環で正反対の色の組み合わせで、互いの色を引き立てあう色のことです。 作成例(文字) ①色の異なる2つの文字を作成します。(何色でもOKです) ②2つの文字を選択して、「オブジェクトを再配色」ボタンをクリックします。 ③プリセットから「補色」をクリックするだけです。 ④後はホイールをドラッグするだけで補色の関係を維持しながら好きな色を選択できます。 ※補色じゃなくても補色に近い感じを出したい場合はリンクを解除すれば1つ1つの色を調整することができます。 ※サンプル セブンイレブンのロゴがよくサンプルとして挙げられます。 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(124)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(124) 今日は影付きの文字です。ドロップシャドウではなかなか難しい背景と文字の距離がゼロからの影です。 立体的な文字に背景との距離がゼロで影を付けた感じを出してみました。 . 3つの文字をブレンドで重ね合わせて作成しています。 ブレンドオプションはステップ数で「50」です。 サンプル2

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(123)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(123) 今日は光彩を付けた文字に落書き効果のオブジェクトを描画モードを変えて重ねてみました。 光彩を適用した文字に落書き効果を付けた長方形オブジェクト上から重ねます。 落書き効果はライブラリから選択しています。 描画モードを「オーバレイ」にして完成です。 サンプル2 サンプル3

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(122)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(122) 今日は縞柄、2色で意味を表現、強調できる文字です。 文字を入力しアウトライン化したら複合パスを作成します。 その背面に2色の長方形で作成したオブジェクトを配置し、クリッピングマスクを作成します。 後はPhotoshopに書き出してベベルなどを追加しました。 サンプル2 サンプル3

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(120)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(120) 今回も「きらきら素材集」使ってます。 線だけの文字を3Dの「押し出し・ベベル」で作成します。 アピアランスを分割してグループ解除し、空間に「きらきら素材集」の宝石を並べていきます。 Photoshopで仕上げました。 素材の中のチェーンを加えてみました。 きらきら素材集エムディエヌコーポレーション 井上 のきあ ユーザレビュー:光モノは好きですね? ...安っぽく、荒い。コス ...結構使ってます宝石な ...Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(118)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(118) 今日はグラフィックスタイルライブラリの中にある「3D効果」からヒントを得て作成してみました。 これは「3D効果」の「効果‐6」です。 グラフィックスタイルライブラリの中にあります。 アピアランスパネルを開いてどういう構造になっているのか、調べてみました。 オリジナルの文字は塗りと線が「なし」で、新規に塗りを足していって、塗りごとに効果を適用していることが分かりました。 これを参考にオリジナルの3D効果を重ねたものを作っていきます。 ①まず、文字を入力して塗り、線ともに「なし」にします。 ②アピアランスパネルの右上のボタンをクリックして「新規塗りを追加」をクリックします。色を決めて新規塗りを選択した状態で3D効果を適用します。 ③さらに「新規塗りを追加」をクリックし、色を変更して同じように3D効果を適用し少し回転角度を変えました。 次に「効果」メニューから「パスの変形」→「変形」で少し「水平方向」「垂直方向」の値を変更して移動させました。 ④③と同じ手順で3重の3Dにして完成です。 グラフィックスタイルに登録しておけばすぐに他の文字に適用できます。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(117)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(117) 今日は久しぶりに「キラキラ素材集」を利用して作成した文字です。 「01_cross」の「brilliant」を使って、文字の型どおりに素材を配置していきます。元になる文字の線は最後に消します。 Photoshopに書き出して、「グラデーションオーバレイ」 「光彩(外側)」 フレア追加 「02_flare」の「ghost」の素材を利用しました。 きらきら素材集エムディエヌコーポレーション 井上 のきあ ユーザレビュー:光モノは好きですね? ...安っぽく、荒い。コス ...結構使ってます宝石な ...Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(116)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(116) この前、思い切り間隔を狭めたというか、あえて重ねている文字を見ました。 文字を入力してアウトライン化。グループ解除してそれぞれを良い間隔で配置します。 パスファインダで合体します。 パスファインダで合体すると一つのオブジェクトになるので、グラフィックスタイルを適用すると次のような感じにもできますね。 サンプル2 サンプル3

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(115)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(115) 今日は昔のコンピュータの画面の文字です。ビットマップ文字の感じです。 今回もhttp://www.dafont.com/から検索し、ダウンロードしました。 「Bitmap」で検索するといろいろ出てきます。 光彩を適用した後、白の線を上から重ねて描画モード「オーバーレイ」で重ねています。 サンプル2 サンプル3

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(114)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(114) 今日は文字の上にねじを配置したものです。良く見かけます。 文字の上にねじの頭を追加するだけです。 サンプル2  Photoshopでパターンオーバレイ、ベベルでねじがめり込んだ感じを表現 サンプル3 Photoshopでパターンオーバレイ

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(113)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(113) 今日はスイーツにささった文字を作ってみました。 文字は3Dの押し出しベベル。クリッピングマスクで文字の下の部分を隠しています。 Photoshopのパターンオーバレイでアレンジ。中身空。 文字変更 文字もチョコの感じに

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(112)

今日は文字の一部をオブジェクトに置き換えるものです。 Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(65)で一度やった手法ですが、今回新たに考えてみました。 今回も「Wingdings」などのシンボルのフォントを使っています。 やはり「O」が一番置き換えやすいです。 サンプル2 サンプル3 サンプル4 サンプル5 「O」意外にも「i」もよく置き換えられます。 サンプル6 iの点の部分が目のイラスト

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(111)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(111) 今日は文字と背景色を同じ色にして背景のオブジェクトで浮かび上がらせる文字です。 背景オブジェクトの炎をペンツールでランダムに描きます。 色を変更後、光彩(外側)で光らせて、ぼかします。 文字を重ねて完成です。 アレンジ Photoshopで爆発風に。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(110)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(110) 今日は水がかかったような文字です。 黒っぽい背景に3D効果で立体文字を作成 線を引き、「ウインドウ」メニューから「グラフィックスタイルライブラリ」→「アーティスティック効果」の「RGBグラフィティ」を適用し、 ぼかしの「放射状」で動的な絵にして描画モード「スクリーン」で重ねました。 何本か重ねていき、上から水色系のグラデーションのオブジェクトを重ねて描画モードを変更し完成です。 アレンジ

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(109)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(109) 今日は電飾ロゴです。 作り方 太めの文字を入力して「グラフィックスタイルライブラリ」の「イメージ効果」の「メタルゴールド」を適用しました。 この中に光彩(外側)で光らせた円のオブジェクトを並べていくだけです。 Photoshopでアレンジ

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(108)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(108) 今日はワイヤー(鉄線)を利用した3D文字です。 拡大図 文字を入力(塗り:白)、「効果」メニューから「3D」→「押し出し・ベベル」で3Dを作成。 「オブジェクト」メニューから「アピアランスを分割」をクリック。 選択状態でブラシの「有刺鉄線」をクリックすると線が鉄線になります。 後はブラシツールで斜めの線を付け足したりしています。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)で少し重厚な壁

Illustrator(イラストレーター)で少し重厚な壁というか、雨風にさらされた年月を重ねた感じの壁です。 拡大図 作り方 ①まず「効果」メニューから「ドキュメントのラスタライズ設定」で解像度を「高解像度」に設定しておきます。 ②長方形ツールでオブジェクトを作成します。 ③「オブジェクト」メニューから「グラデーションメッシュを作成」でメッシュを作成します。 ④ダイレクト選択ツールで色を薄くしたり、濃くして自然な感じを表現します。 ⑤1つコピーして効果の「ラップ」「浅浮き彫り」「モザイクタイル」を適用して、オーバーレイで重ねて完成です。 ※文字と壁の色を変更

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(107)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(107) 今日は光輝くブロンズ素材のような文字です。 作り方は文字にグラデーションを適用し、 3D効果と光彩(外側)を適用。 上から描画モード「覆い焼きカラー」でブロンズ色のグラデーションのオブジェクトをのせます。 Photoshopで調整。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(106)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(106) この前何かの広告で面白い手法を見つけました。 反射する床に映り込んで文字を反転させているのもはよく見かけますが、反射している文字が異なるものです。 自分も作成してみました。 サンプル1 サンプル2 サンプル3 ※文字以外にも商品、品物でもありました。 文字はCS4のグラデーションの透明度を変更できる機能で徐々に薄めていますが、オブジェクトは不透明マスクを適用しています。以前、不透明マスクの作成方法は記事にしましたが、おさらい。 スイカの前面にグラデーションのオブジェクトを配置。 両方を選択して透明パネルから「不透明マスクを作成」です。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(105)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(105) 今日はトタン波板を並べて作ったような文字です。 この前テレビでやっていたハンサムスーツに一瞬出てくるカラフルな家から思いつきました。 作り方 ①長方形のオブジェクトを作成し、「オブジェクト」メニューから「グラデーションメッシュを作成」をクリックします。 ②「行数」は1、「列数」は作りたい波の数だけ入力します。 ③後は列ごとに色の濃度を交互に変えればトタン波板風になります。 ④ドロップシャドウで仕上げます。 ※サンプル2 フォトショップで汚れを追加

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(104)

Illustrator(イラストレーター)でよくあるロゴデザイン(104) 今日はしわのついた紙で並べたような文字です。 作り方は簡単です。 文字を入力して、それより大きい大きさのオブジェクトをペンツールで描きドロップシャドウを付けるだけです。 これだけではさびしいと思ったので以前スキャンしたしわしわの紙のPSDを配置し、オブジェクトと同じ大きさでクリッピングマスクしました。 透明度を下げて上から重ねます。 フォトショップで調整

続きを読む