Adobe BridgeCS5の新機能(2)

Adobe BridgeCS5の新機能で「写真の JPEG への書き出し」という項目があったので試してみました。 書き出しパネルから操作できるという説明だったので試そうとしたところ、何も表示されていませんでした。 ヘルプにもその辺りのことが記述されていないので困りましたがアップデートしてみることにしました。 アップデート完了後、Bridgeを再起動します。 すると「ハードディスクに保存」という項目が表示されていました。 ダブルクリックでプリセットを編集します。 まず保存先を決定します。 次に画像オプションを変更したい箇所を変更し、名前を付けて保存します。 新たなプリセットが作成されました。そこへJPGに書き出したいファイルをドラッグします。 すると矢印ボタンが表示されるのでボタンをクリックします。 無事にJPGファイルが指定したフォルダに作成されました。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(9)-内側描画モード

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能の内側描画モードですが、まだ完全に理解してはいませんが、ヘルプのビデオの通り使ってみました。 選択したオブジェクトの内側に描画できるという機能です。 次の文字をサンプルにします。 文字のままでもできましたが、アウトライン化して複合パスを作成する方がやりやすかったです。 そのあと、描画モードを「内側描画」に切りかえます。 サンプルビデオではブラシを使って内側に描画していたので、同じようにブラシを使って自由に内側に描画します。 はみ出すようにブラシを使っても内側に描画されました。 完成品 サンプル2 ※ヘルプによると「内側描画では、描画、スタック順序の変更、選択、クリッピングマスクなどの多くのタスクを行う必要がありません。」ということですが、修正は難しそうです。

続きを読む

Adobe Bridge5の新機能

Adobe Bridge5についても何か新機能がないかみてみました。 ひとつ便利になったと思えたのがパスバーから直接移動できるようになっていました。 よくこれまでエクスプローラーでファイルを探していたり、見ているとBridgeで見たくなる時がありました。 その場合、ファイルのパスをコピーしてBridgeに貼り付けようとしてもできませんでした。 Adobe Bridge5では エクスプローラーでこのパスをコピー パスバーの部分をクリックします。 すると直接編集できるようになります。貼り付けもできます。 これはありがたいです。 ※あと必要かどうか疑問ですが、ファイルをパスバーにドラッグすることもできます。 ドラッグするとそのファイルが開きます。(普通にクリックしても開くので、どういう場面で必要かまだ分かりませんが)

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(8)-線パネルの整列

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能で線パネルに整列アイコンが追加されました。 このオプションを使用すると、コーナーやパス先端の破線が一定で予測可能になります。 角のある線を破線にするとコーナーの形状がまちまちだったりします。 これがCS5から調整できるようになりました。 デフォルトでは「線分と間隔の正確な長さを保持」になっています。 これを「長さを調整しながら、線分をコーナーやパス先端に合わせて整列」にします。 角の形状が揃いました。 自分ではこちらの方が使う気がするのでこちらをデフォルトにしてほしかったですが。 ※角丸長方形についてはできませんでした。 ※その他の三角形、多角形、星形などはOKでした。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(7)-背面のオブジェクトの選択

Illustrator(イラストレーター)CS5ではCtrlキーで背面のオブジェクトの選択ができるようになりました。 ヘルプの説明では「Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックすることで、他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選択できるようになりました。初めて Ctrl キー(Windows)またはCommand キー(Mac OS)を押しながらクリックした時点で、ポインターは背面を選択する動作に変わります。それ以降は、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックすると、ポインターの位置の直下にあるオブジェクトが順に選択されます。」 書いてあることが難解に思えたので実際に操作してみました。 サンプル 最前面のオブジェクトを選択して、Ctrlキーを押しながら1度クリックします。 ポインターの横に「<」マークが出ます。この状態でもう一度Ctrlキーを押しながらクリックします。 背面のオブジェクトが選択できました。 もう一度Ctrlキーを押しながらクリックするとさらに背面のオブジェクトが選択できました。 ※Alt+Ctrl+[ はレイヤー順に次々に背面のオブジェクトを選択しますが、Ctrlキーを押しながらクリックする場合はそのオブジェクトがポインターに位置にないと選択されません。逆に言えば、どの順番であろうとす…

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(6)-シェイプ形成ツール

シェイプ形成ツールは、単純なシェイプを結合および消去することができます。パスファインダより使いやすい感じがしました。 ツールから選択します。ショートカットキーは「Shift+M」 サンプル 次の2つのオブジェクト使用します。 2つのオブジェクトを選択し、シェイプ形成ツールで結合したい部分をドラッグします。 結合できました。 ツールを使用する前に色を設定しておけば、同時に色も塗ってくれます。 Altキーを押しながら、ドラッグすると消去できます。 ※半円も円と線を作って中心に整列させ、消去モードを使用すれば簡単ですね。余分な線部分も消去できました。 ※三日月も円を2個重ねて、余分な部分を消去で。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(5)-背面描画モード

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能の背面描画モードです。 この描画モードでは選択されているレイヤーのすべてのアートワークの背面に描画できます。アートワークを選択している場合、新しいオブジェクトは選択したオブジェクトの真下に描画されます。 ツールの下の方にあります。これが標準描画モードの状態です。 この部分をクリックすると「背面描画」を選択することができます。 「背面描画」の状態でオブジェクトを作成してみます。背景のみ下位のレイヤーです。 星のオブジェクトを作成していくと、全てロケットのイラストの背面に描画されました。 サンプル2 ショートカットキーは「Shift+D」で切りかえることができます。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(4)-遠近グリッド-3

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(4)-遠近グリッド-3 まだまだ奥が深い機能ですが、その他に分かったことを記述しておきます。 ■遠近グリッドに沿った移動、拡大、縮小 「遠近グリッドツール」から「遠近図形選択ツール」に切り替えます。ショートカットキーは「Shift+v」 移動はドラッグまたは矢印キーで行います。奥にいけば比率を保ちながら小さくなります。 拡大、縮小も遠近図形選択ツールでコーナーをドラッグするだけです。 ■グリッドに依存しないオブジェクトをグリッド面に配置したい場合 たとえば次のようなグリッドに依存していない窓を左面グリッドに置きたいときです。 まず面を選択します。 「遠近図形選択ツール」に切り替えてドラッグします。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(4)-遠近グリッド-2

今日は遠近グリッドの2回目です。 実際に描き始める前に描きたいものがどんなものであるか考えて水平線を調整したり、上のポイントで垂直方向のグリッドを調整します。 後は左右の消点も調整します。 「表示」メニューから「遠近グリッド」→「測点をロック」にすると左右の消点が同時に移動します。 あとおさえておきたいのが、選択面ウィジェットです。デフォルトで画面の左上に表示されているものです。 オブジェクトを作成するときに、現在どの面に対しているかを選択できます。 ウィジェットの面をクリックします。水平面に依存しない場合は、立方体以外の部分をくりっくします。 あるいは「1」キーで左面、「2」キーで右面、「3」キーで水平面、「4」キーで水平面に依存しない、となります。 サンプルとして建物の側面を描きます。長方形ツールでドラッグすると、グリッドに沿って描画されます。 右面や窓も描きます。 今まで苦労して描いていたものが楽に描けそうな気がしてきました。 Adobe Illustrator CS5 アップグレード版 Windows版アドビシステムズ 2010-05-28 Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(4)-遠近グリッド-1

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能の遠近グリッドツール、これがCS5の新機能の目玉ということですが、何か難しそうです。何回かに分けて勉強してみます。 「表示」メニューの「遠近グリッド」→「遠近グリッドを表示」で表示できます。 ショートカットは「Ctrl+Shift+I」です。 または遠近グリッドツールをクリックすると遠近グリッドが表示されます。 「表示」メニューの「遠近グリッド」から「一点遠近法」「二点遠近法」「三点遠近法」を選択できます。 デフォルトは「二点遠近法」です。 一点 三点 それぞれの消失点がいくつあるかということですね。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(3)-絵筆ブラシ

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能、絵筆ブラシ使ってみました。 ブラシライブラリの中の絵筆ブラシです。 サンプルで以前描いたイラストを使ってみます。 描画モードや色を変えたりして髪の毛の部分に絵筆ブラシを使いました。 難点は非常にファイルが重くなりますね。 髪だけ表示するとこんな感じです。 ※背景追加、Photoshopでセピアに。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(2)-矢印の設定

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能で矢印の設定が線パネルから行えるようになりました。 ドロップダウンリストから矢印の形状を選べます。これはいい感じです。 始点と終点それぞれ形状を選べます。 それぞれの倍率もこのパネルで操作できます。右のリンクボタンで始点と終点の倍率をリンクさせることができます。 矢印の先端をパスの終点からか、または終点に配置するか決めることができます。 ※そのほか今回新しくなった矢印はハサミの形をしたものがありました。 ※また今まで矢印を作成するときに使用していた「効果」メニューからは項目が無くなりました。

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(1)-線幅ツール

Illustrator(イラストレーター)CS5を今日から試してみたいと思います。 CS4からの無償アップグレードです。CS5WebPremium 発売から1週間ほどで届きました。 意外と迅速でした。 IllustratorCS5 PhotoshopCS5 DreamWeaverCS5 FireWorksCS5 FlashCS5 Acrobat9 などが入っています。 早速インストールして使ってみました。クレジット画面が変わっています。 全体的な画面の印象はCS4とあまり変わっていないです。 何からはじめていいのか迷いましたが簡単そうな新機能「線幅ツール」を試しました。 たとえば、サンプルのシマリスの背中に線を線で描き、 線幅ツールで簡単に線の幅を変えることができました。面白い機能です。 他の線も変えてみました。 Adobe Creative Suite 5 Web Premium アップグレード版A Windows版アドビシステムズ 2010-05-28 Amazonアソシエイト by

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5にアップグレードしようかと

Illustrator(イラストレーター)CS5とPhotoshopCS5にアップグレードしようかと思っていたんですが、何やらお得情報がありました。2つ合わせるとアップグレード版で5万円くらい。ところが今CS4のStandardにアップグレードすると無償でCS5のWebPremiumにアップグレードできるという情報を見つけました。 CS3のWebStandardを持っていたので「Adobe Creative Suite 4 Web Standard 日本語版 アップグレード版A (FRM CS3/3.3) Windows版(Creative Suite 5Web Premium への無償アップグレード対象)」買いました。 Amazonで私が購入した時の値段は45,080円。 ちゃんと「無償アップグレード」のシールが付いてました。 CS4のStandardなので主に入っているソフトは以下のものです。 「DreamWeaver」「Fireworks」「Flash」ですね。 CS5のWebPremiumには「IllustratorCS5」「PhotoshopCS5Extended」「Acrobat Pro9」が入っているから、この場合だいぶお得だと思います。 CS5にはWebStandardが無くなり、Premium版だけになるそうです。 http://kb2.adobe.com/jp/cps/832/cpsid_83234.htm…

続きを読む

Illustrator(イラストレーター)CS5が5月28日発売予定

CS5の発売予定が5月28日または5月下旬と発表されましたね。 「アドビ、「Creative Suite 5」日本語版を発表」 今回も面白そうな機能が追加されています。 http://www.adobe.com/jp/products/illustrator/ 新機能詳細ページ http://www.adobe.com/jp/products/illustrator/whatsnew/ 新機能の一つ、遠近感のある描画  http://www.adobe.com/jp/products/illustrator/whatsnew/?configListID=0&chapterID=0&npObjID=atv6 シェイプ形成ツール、これは手間が省けそうです。 http://www.adobe.com/jp/products/illustrator/whatsnew/?configListID=0&chapterID=0&npObjID=22 アップグレード価格 またアップグレードしたら、記事にしていきたいと思います。

続きを読む